2019年03月18日

4世代ウエス集合

25A44731-34DF-4608-9690-CB53E0BBB873.jpeg
3世代綺麗どころ

週末は遠出をして大きな公園に行きました。 栃木の壬生わんぱく公園です。
この日親戚さん達との再会3世代。

そこに加えて4世代めのニューフェイスがこの日お目見え。

3BE07216-C470-4CA2-B044-DB482CC9D592.jpeg
4世代目 手前の6ヶ月ウエスちゃん

しっかりしてものおじしない女の子。ちゃんと5キロ台に育っています。
同血統の構成ですと、月齢と体重が同じぐらいで体重増加です。
お子を見つめる優しいオーナーさんの眼差し。

わたし達もすっかり子育てを忘れていて久々の仔犬ちゃんに和みました。

82298977-8EA0-45FE-AD74-5B636CF6D342.jpeg

公園内はこの大きな汽車が走り、何度も園内で遭遇して、わんも警戒マックスでした。
犬も乗せてくれればいいのに。

37E36513-D375-4AC0-AD4B-809AF1F237CD.jpeg
アンシュナ

園内はどこもインスタ映えしそうな綺麗な芝生や景観で
都内と違ってゆったりした空間でした。

C2E48A5A-AC13-4693-AF0C-35F815172C51.jpeg

これが精一杯マックスの写真です。
仔犬ちゃんはフレームアウトしています。
明るくてカメラの液晶もよく確認出来ずブラインドで撮っていました。
みんな立派なウエスティに育っていて、それまでの成長過程の個体差を振り返るのも面白いんです。

おもちゃで遊んで、散歩して、色々な人に話しかけられたりお話が弾んだりで
あまり写真撮ってる暇ありませんでした。
とてもとても楽しい時間でした。 また会いましょう!







posted by Angie Mom at 22:07 | Comment(0) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

アンジの親戚さんが生まれています

アンジの親戚さんが生まれて1ヶ月が経ったので先日見に行かせてもらいました。
予約でオーナーさんが決まっている子達もいますが、これからオーナーさん募集する女の子達もいるそうです。

D5DC2513-19D4-4429-A7C3-5E9996DFC2F2.jpeg

今回の胎の子達はアンジの直系で、気質が穏やかとの事なので飼いやすいかもしれません。
お父さんは超イケメンですので、(ウソではありません、ご要望があればパパのお写真あります)
この組み合わせで子達が可愛くならぬはずがありません。(〇〇バカもありますが自信もあります 笑)

健全で骨量はありますのでアンジ達と同じ8キロ前後になると思われます。
親犬やその先代にアレルギーや遺伝の病気は知る限りありません。
(もちろん、個体差やその後の管理に起因する後天的な要因はありますのでご注意ください))

A95BE627-391E-4881-9354-980479827AC1.jpeg

今回はわたしも心誘われる子達です。
きちんと親犬、祖父母まで見せられますし、ご興味があればそれ以前の血統の解説もできます。

5D25DB68-615F-42BC-8A7F-B6983058C2DC.jpeg
この写真は35日前後です。

ご興味のある方は、まずブリーダーさんにご相談されてください。
連絡先をご案内しますので、このブログのコメント欄(非表示にします)にご連絡ください。
そして本人達をご覧になってください。

御縁が無くても、またいつか別のウエスちゃんに繋がっていくかもしれません。
よろしくお願いします。

















posted by Angie Mom at 18:00 | Comment(0) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

お知らせ  ルーツを辿ろう! 親戚を探そう!

6C69CF5F-D7D2-4FAB-813F-5018F5F2FF88.jpeg
昨年のサンフラワーメドーホームカミングデーの様子




昨年, 初めて同犬舎出身や血縁のウエスティが40頭以上集まりました。
共通項はただひとつ、サンフラワーメドーの血液が入っているということ。
初めての会で初対面の方が多かったですが、犬たちが同胎兄弟だったりお父さんが一緒と分かって、驚いたり喜んだりと盛り上がりました。


愛犬の血統書の本犬、もしくはご先祖に下記の犬舎名があったら10月初旬の2回目のホームカミングデーにおいでになりませんか。

犬舎は2014年に閉舎になっているので手がかりが無い中、同窓生と分かるワン達が集まってみましょうという趣向で、飼い主のオフ会ではありません。あくまでも犬が中心です。
初めてで知っている人がいなくても大歓迎。 
おせっかいながら血統書をおもちいただければお調べして、知らなかったわが子の歴史が紐解けたり、「あの時の?」と謎が解けて分かると嬉しくなります。


ここでご注意いただきたいのですが、血統書の犬舎名も必ずしも一つだけではありません。
何故かというと良質犬の繁殖は複数のプロブリーダーさん達が協力して血統をつなげているからです。

ですから自分の愛犬本犬の血統名がサンフラワーメドーなくても、父母、祖父母に
三代前にサンフラワーメドーの血が入っていることがあるのです。


SUN FLOWER MEADOW サンフラワーメドー  メインの犬舎名

それ以外にサンフラワーメドーの血統が入っている可能性のある犬舎:

MY RHYTHMSOW FC1 マイリズムソー
 うちのアンジはこの犬舎名です。

NEVER ANGELS ネバーエンジェルズ

FESTIVAL FELLOW フェスティバルフェロー

EMIR エミール

WHITE STAR ホワイトスター


こういった犬舎名がわんちゃんの血統書にある場合、そのご先祖さんにサンフラワーメドーがある可能性があります。

A5E1F9A0-3FDB-456C-9401-7B9C5BE35A4A.jpeg


懐かしいこのペットショップから我が子を迎えた方だけでなく、北海道、新潟、名古屋、大阪、近畿、九州でもたくさん巣立っています。ブログで拝見して親戚さんだなーと思いながらもこれまで特にお声掛けする機会がありませんでした。でも血縁の会ということであればまた新たな角度でおつきあいが出来ます。

流通経由で犬を迎えた方の場合は、上記の犬舎さんとの直接のやりとりもないかもしれません。うちはペットショップで買ったからという方こそ、今一度わが愛犬の血統書をみてみてください。

もし上記の犬舎名が血統に見つかった場合は、非表示にしますので拙ブログのコメント欄にてご連絡ください。

ご連絡先を頂戴できれば会の詳細をご案内します。
関東圏での開催で当日参加費は無料です。お気軽にご連絡ください。

又、血統情報を別途教えていただければ、出席者の中で兄弟、親戚もお探ししてみます。

あと大事なことを一点。

当日犬なし参加も可能です。虹の橋を渡った先代犬の思い出とともにご参加ください。その際はお写真かまだ血統書をお持ちでしたら先代の情報としてお持ちください。先代の生年月日、血統名、親の名前などが分かれば、親戚さんをお探しします。 参加の現役組に先代の面影を見つけてください。


もしかしたら意外に近くに親戚さんがいるかもしれません。

白い天使探しこそ、この会のわくわく、どきどき。
まだ見ぬサンフラワーメドーの白犬さん、お会いできるのを楽しみにしています。



posted by Angie Mom at 18:23 | Comment(0) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

心の里帰り

8EC890BD-3852-4F91-BAF5-16CE712ED94A.jpeg
おうちトリミングのあとのエダマメに集中の図


週末はアンシュナの生肉を買いに行く用がありましたので散歩も兼ねて出かけました。
途中SIRIに「近くの公園」と訊ねてみると
あるわ、あるわ。 東京西部は武蔵野の森や比較的大きな公園がたくさんあるんです。

その一つ、武蔵野中央公園に行ってみることに。

698CE2D1-4527-42CB-B65F-B3C3E2381154.jpeg

野球場やグリーンフィールドを一周。

FFA10ADD-306C-439E-A577-C6075DEBDF81.jpeg

ここ武蔵野中央公園は、昔の中島飛行機の工場跡だそうです。

0CB2858F-F5C4-4111-BB16-E81BAEA79E0F.jpeg


その後、お店によってから以前アンジの犬舎があった方面へと足を延ばしました。
旧犬舎に通じる道は緑の並木が続き、郊外のゆったりとした雰囲気は変わっていませんでした。
アンジを迎えてからよくこの道を通って犬舎に通い
トリミングをしている間に時間を潰した公園やお店もそのままでした。

犬舎のあった場所の近くで車のルーフトップを開けると
アンジは空を仰ぎ、外気をクンクンして、目を細め穏やかな表情をしていました。

丁度夕方で犬の散歩をしている人もいて、もしや犬舎のウエスティが歩いていないかと
思わず白い影を探してしまいました。
そして故人のお墓にちょっとお参りして2匹の元気な様子を報告しました。


犬の縁というのは、人間の好き嫌いの親交とは違った絆のように感じます。

ブリーダーとして生み出した命の喜びと責任を次の飼い主に託す想いは
当人でなければ分からないものです。
巣立った先でも行方知れずでも、自分の犬が元気でよく管理してもらっているか永遠に気になります。

一方で家族として犬を迎えた方も、来し方もしくは幼少期の様子はブリーダーさんに聞くしかありません。
一匹の犬の一生に関わった縁は、まるで人間の親類関係のような気さえします。

そんな事を考えながら、この見慣れた郊外の風景から犬舎だけが失くなっているのが悲しくて
助手席のアンジを見やると、アンジは穏やかにわたしの顔を見つめていました。
でもその横からシュナが同じくわたしの顔を見上げていて、
その無垢な眼差しがわたしの心を温かくしてくれました。
車の窓から射し込んだ夕陽が2ワンの顔を照らしてアンシュナは輝いて見えました。
この悲しみも愛しさもアンシュナがいてこそ。

今日はちょっとセンチメンタルになってしまいましたが
お盆ウイークの心象風景という事で。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。

2018年04月30日

親戚さん 探しています

ED8B8D4B-34B6-4384-95A7-F7E6E026A86E.jpeg

おうちでまったりしていたら、近所のマーちゃんが胴体姉妹(真ん中2人)を連れて寄ってくれました。
マーちゃんを見初めた時、その体躯やお顔が同系のような気がして犬舎名を聞くも、違いました。

ところが後日血統書を見せてもらうと、父母共に同系統でアンジの父とも一緒で、一挙に謎が解けとても納得。
マーちゃんは拙宅の前まで来ると外から切なそうに呼ぶのです。
飼い主には分からない血液の歴史の何かをワンは感じてるものなんでしょうか。



お知らせその1

ウエスティ オーナーさん

お手元の血統書の当人、もしくはご先祖さんに以下の犬舎名が有りませんか?
もしあったら秋のホームカミングデーにおいでになりませんか?
虹の橋を渡った先代犬でも構いません。
特に10歳以上のウエスティちゃんが見つかったら嬉しいです。


犬舎名の例

SUN FLOWER MEADOW サンフラワーメドウ
MY RHYTHMSOW FCI マイリズムソウ
WISHING WELL’S LIGHTENING STRIKES AGAIN ウイッシングウエルズライトニングストライクスアゲイン
CLANTARTAN ASTRONAUT クランタータンアストロノート

21246AFB-8D3C-4B72-8CD2-D054ECEA9BAE.jpeg
昨年のオフ会の様子

もし血統書に犬舎名が見つかったら、下記のコメント欄(非公開にします)からご連絡ください。詳細をご案内致します。


お知らせ その2

B0A2EF28-3262-432E-99EA-3CD9AE695429.jpeg

上記の犬舎の中で、ウイッシングウエルズライトニングストライクスアゲインの歴史については以前の記事でご案内しました。その後、繁殖者であったパティさんと連絡がつきました。 日本にはうちを含めて沢山の子孫がいますとお伝えしたところ、

『ご連絡ありがとう。 この仔はカービーといって、母(バーバラキーナン)と私が繁殖した最後のウエスティ です。
カービーは仔犬にショーで活躍しましたが、本人はショーをあまり楽しまなかったのでキャンペーンはしませんでした。』

バーバラキーナンと言えば、アメリカのウエスティのブリードアイコンと言っても良い方です。 16年時が経って繋がる縁、娘さんのパティさんも日本へ送った繁殖犬の行方が分かって喜んでおられました。

上記ご案内のホームカミングデーでは、飼い主さんが知らない我が子に流れる血液を認識して祝せる機会になると良いなと思います。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ!
PitaPata Dog tickers