にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  ポチ!    コメント非表示の場合はお書き添えくださいね。

2019年08月06日

飼い主は学ぶ メディカルアロマ編

DC3A7FD5-2E98-4E50-96AF-1B8C08EF35A3.jpeg

すっかり暑くなった土曜日に飼い主お勉強に行きました。

C1EE158C-761E-47E9-9240-62C1F91E2265.jpeg

会場はとても洗練された空間でした。

28B54F93-9017-43D9-A837-EBA08D4ABC10.jpeg

この日はメディカルアロマというセミナーに初めて伺いました。
メディカルアロマは、その名の通り、薬なのだそうです。

講師の米田先生はウエスティの飼い主さんでもあるそうで、
人間用とワン用のメディカルアロマについて講義を聞いた後、
自分で作ってみました。

虫除けのアロマ成分はこれまでも自分で作っていましたが今ひとつ効果に疑問もありでした。
しかしこの日、科学的に解説してもらい
時に代替療法にある言い伝えやプラシボとは違った科学的根拠に基づく説明で勉強になりました。

座学の後、実際に自分で作ってみる体験もあり、
わたしは犬たちのために虫除けスプレーを作ることにしました。

これまでもネットや本の情報からアロマを調合したりレモンを煮出したりして作っていましたが
絶大的な効果があるかというと気休めの部分も否めずでした。

今回の重要な成分はレモンユーカリでした。
わたしはこれをシトラスとユーカリで調合していましたが
このレモンユーカリは効果が格段に違うそうです。

いただいたのはパパが自分にすぐに使ってしまったので
今度は自分で作ってみたいと思います。



657DB157-3202-4C70-9989-ED23FC8E8353.jpeg

この人たちは久々、お外のトリミングに行きました。
別犬に見えるほど変身して帰ってきました。

おうちトリミングは着地点がボサボサ部分を調整するにとどまりますが
プロのトリマーさん達は、2ヶ月先を見越してくれるので
散髪後は短めスッキリ〜という感じになります。

若返って、お目目も見えて、可愛いと親バカでございます。
来週の休暇が待ち遠しいです。

posted by Angie Mom at 17:37 | Comment(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

飼い主は学ぶ シャンプー編

ご来訪ありがとうございます。


6DB72F92-01E3-42F1-A968-D1E0B2BF32BD.jpeg

今日の主役はぼく!

ヨーロッパには、ミッチデールや、チェルソモロがいるけれど
日本にもテリア、特にウエスティを専門とするグルーマーさんがいます。
この日はそんなウエスティ専門の森さんのシャンプーレッスンに行って来ました。

シャンプーレッスンは以前にも別のセミナーで受けた事があり、それなりに工夫はしています。
必要なお道具も結構揃えています。
しかし長年マンネリになっているところありで
この日は久しぶりに学びに行きました。

8D00997B-7534-4463-A3CD-9FA77F63A276.jpeg

講師の森さんと保護者のディル君。

BDCA7AC8-6011-41F2-8808-277BFB954F78.jpeg

僕は付き添いです。


D07A01D7-A5DE-4495-89CA-94344C077CD2.jpeg

という事で、お道具や、デモンストレーションによる説明をいただきました。
プロの技はそこここに違いがありますが、
一番驚いたのは、タッチが優しいんです。

うちなどは、張り切ってゴシゴシ洗ってました。

D285FEF8-073F-4CF2-96ED-5AC811EB5E41.jpeg

ドライの仕方も優しいし、

F8B1187A-4412-48F9-AD7B-9234A8AD0B47.jpeg


タオルドライもフワフワタッチです。
どの工程もキーワードはコートでなく皮膚。 皮膚を洗う、皮膚を乾かす、だそうです。

05D41244-6A32-4841-9DB2-00D3293299D5.jpeg

シャンプー習いに行ったけど、森さんにシャンプーしてもらうのが一番という
結論になり大笑い。

森さん ありがとうございました。
パパにも教えてあげなくちゃ。

これからもウエスティオーナーさんを啓蒙して下さい。









posted by Angie Mom at 08:05 | Comment(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

四世代総トリミング

B45D4177-0D1A-4B2F-AF59-EEBFFF8B15E7.jpeg

今日はトリミングセミナーでした。

ここから備忘録。
課題は、お胸の胸骨から、前脚の肘指一本下までの三角形の処理。
長いところと、取るところの位置の見極め。
脇のブレンドとスカートへの馴染ませ方と取り方。
必要なトリミングの頻度は、その子が持っているコートの良さで決まる。



B0F64B40-8E21-4A1B-87B5-F8AA59E3FEBF.jpeg

今日の新人は、2018年10月生まれ組
左はアンジのひ孫さん、 右は孫に当たります。 

海外のパピーは生後2ヶ月からパピー毛ストリッピングを始める仔もいて、パピー期に手が入って毛ぶきがよいです。
それはちょうどブリーダーから家庭に迎える頃と重なり、日本では4ヶ月ごろからどうしようと考える。
わたしがそうでした。
でももう一度パピーから育てるとしたら、2ヶ月から少しづつ始めたいです。

パピ僧たち、初めてのプラッキングに二人とも過剰に暴れてみる、でもそのうちに、大げさだったかなと静まり慣れてくる。
人に触られて、ハンドリングされることに慣れる、あるいは他のワン見て落ち着く。
飼い主だけではなかなか御せないトリミングも、こういう経験を重ねてウエスティの大人への階段を登れます。
この二人は確実にこの日、階段を何弾段階も登ってました。


B06ED9EE-2F70-4057-A7A6-3DE06357F341.jpeg

取り敢えず並べる人だけで撮ってみる。
たまたまこの日お集いの方は四世代総トリミングでした。

トリミング習いたい人は多いと思います。
単発でみんなで出来るセミナーがアレンジ出来たら、綺麗なウエスティが増えるかな〜。















posted by Angie Mom at 19:17 | Comment(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

シュナ活用法

最近、アンシュナに覚えてもらいたいと思っている事。

毎朝散歩に行く時、直ぐに出てくるシュナに比べてアンジはお寝坊で
玄関で「アンジアンジ」と何度も呼ぶと本人ソロリと出でまして
その間シュナはバタバタイソイソ落ち着かない。

そこでシュナに「アンジを連れて来て」貰いたいと、誰か (実家の母だったかな)に言ったら
冗談と思われたのか笑われました。


連れてきてというのは、リードをつければこういう事です。



と、アンジにリードが付いてれば
朝、シュナが寝室からアンジを連れて来てくれるようになりました!

ハナマル。

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。</


posted by Angie Mom at 22:31 | Comment(2) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

トリミングワークショップやら

3ヶ月振りにトリミングワークショップに行きました。
この間アンシュナのコートもおうちメンテナンスでなんとか持たせましたが、
ワイルド系は嫌いじゃありません。

今日の人気者はこのひと

1C8C15CB-C061-42ED-9616-4DB9AF72E9FA.jpeg
4ヶ月! アンジのひ孫なんです。

パピーのフルストリッピングは難しいです。 あまり取るとなくなっちゃうし。
この仔はコートがバリバリ、手に刺さるか、ぐらい硬い良いコート
これを1年半かけてフルコートに作っていくのに、(周りは)楽しみ、 (オーナーさんは)ご苦労様です。

今日は新メンバーのウエスティちゃんも一緒でした。
ウエスティを飼い始めた時、プラッキングする犬種とは言われずトリマーさんのなすままにバリカン入れていたワン。
フアフアの毛でブラッシングしても毛が舞うしホコリを吸う。
避妊もしてるしオーナーが抜こうとすると痛がるし、今から(3歳)抜けるの?

こういう疑問をお持ちのオーナーは多いと思います。
一度バリカン入れるとコートを戻すには時間もかかる。一回の生え変わりだけの問題ではありません。
でもその仔にとってのベストなやり方はあって、ボディ全体を抜かなくても良い
お胸だってバリカンとハサミでとっても綺麗に出来る。

Mちゃん、パパと良く頑張りました。今後のコートの変化が楽しみです。

77872D57-8A51-4E3B-B9DB-064E0907A4DE.jpeg


以下はわたしの学習備忘録ですので適当にスルーしてください。

この日の課題 シュナ
サイドのライン-> 肘から尾てい骨のラインから出ている部分を取る
顔まわりのコートマネジメントを学ぶ ->. 顔の抜き方、トップとサイドの長さと全体のバランス、 2週間ごと
おしり周り -> 特にバックサイドの尾の付け根からつむじまで、おしりの毛の長さとほっぺた面のつながり
足の裏と足回りの取り方 -> 確認済み 身体の反対側から脚を持つやり方
首 -> 太くも長くも見せたいが短くせず厚みを減らす
コートキングの使い方

76527B6A-E357-4375-837E-19A239E52B2F.jpeg
仔犬ちゃん、手で抑えられています。


BEB9E3FB-7170-4D55-8CDF-DE1513BEDC71.jpeg
おまけ
帰宅後、病院で縮こまるふたり。

アンジはこれまで皮膚炎症になったことはないですが、 この暑さで背中の段々に皮脂が溜まって炎症になっていました。
自宅で炎症部分の消毒で対応して来ましたが、この夏の厳しい環境で治す時は抗生剤投与もやむなし。
サクッと治したいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  ポチ!    コメント非表示の場合はお書き添えくださいね。
PitaPata Dog tickers