2015年07月07日

トリミング講習会

年初にはじめてトリミング講習会に行った時には、
何時間プラッキングしても変わらなかったアンジ。 下手でごめんね。

IMG_9878a.jpg

あれから半年で少しばかり真似事が出来るようになったでしょうか。
二回目の講習会はとても勉強になりました。
つまるところ、トリミングに関する課題や学びは自分の意識につきるのですね。

わたしはもともと自分でトリミングをするというより、
日々のメンテナンスを目標にしています。

突然話は変わりますが最近、会社のインフラやシステム運営を
外部の会社にアウトソースする選択肢が増えています。
外部委託すると会社は本業に資源を集中できるという利点がありますが
委託する部分のノウハウは社内に溜まっていきません。

IMG_9930.jpg
白犬S

大げさですがトリミングもしかり。
委託しているだけでは、自分の知識にならず
どうあるべきかやどうしたいのかはわからず
誰にお願いしたらどうなるかだけしか分かりません。

自己流でもなんでも自分のスタイルを決めるべく
今後もいろいろな人からトリミングを習いたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。



続きを読む
posted by Angie Mom at 20:01 | Comment(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

(参考情報)ウエスティのコートを丸刈りしてはいけない?

IMG_4091.jpg

ウエスティを初めて飼ったのは6月で、その後夏になったので暑かろうと
短くしてくださいと犬舎にトリミングに連れて行ったら
『余計に暑くなるから短くしてはいけない』
と釘をさされたことがありました。

人の感覚で言うと分かりにくいのですが
その理由はダブルコートの犬種のトリミング説明にありました。
ウエスティもダブルコートの犬種です。

内容は以下のとおりです;

ダブルコートの犬種は、コートを必要以上に短くしてはいけません。
ダブルコートとは、トップコートとアンダーコートを併せ持つ犬のことで
アンダーコートが軽く柔らかい抜ける毛で、これが冬は寒さから夏は暑さから身体を守っています。

トップコートは剛い毛で余り抜けません。 トップコートは犬を日焼けや虫さされから守るだけでなく
熱を和らげる働きをします。 従って暑かろうと夏に毛を短く刈るのは間違いです。
犬は自然に対応できる機能を備えているのです。

短く刈ることが抜け毛を無くす事にはなりません。
また伸びるからと思うのは間違いです。 コートが戻らないこともあるからです。
加齢と共にコートが生えないこともありますし、そうなると生涯、短くしておかなければいけませんが
それは犬の自然の防御能力を人間が奪っていることになります。

大事なのはブラッシングとお風呂に入れる事です。 
毛玉が酷い犬を覗いてはダブルコートの犬はショートにしないことが大事です。
ーーーーーーーーーーー

ウエスティはもともと寒冷地の犬種ですし日本とは湿気の差や、
皮膚疾患が無い場合にも限られましょうが
参考になれば幸いです。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。






posted by Angie Mom at 21:08 | Comment(4) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

行方不明の犬を見つける方法

IMG_0586.jpg

外国ではオフリードの犬も多く、
それだけに犬が行方不明になってしまうこともよくあるそうです。
野原で穴に落ちて、別の散歩者によって見つかった話も聞きますが
森の中などではぐれてしまう場合もあります。

森の中で愛犬が行方不明になって探しまわり12日。

迷子になった猟犬が必ず戻ってくるという猟師さんのヒントに従って、
飼い主さんは次のことを実行しました。

  • 飼い主のニオイのついた服を犬が最後に姿を見た場所に持って行く
  • もし犬がクレートトレーニング出来ている場合は、クレートに服とお気に入りのおもちゃを入れておく
  • クレートには理由を説明して『動かさないで』というメモをつけておく
  • クレートの横には水をボールに入れておいておく
  • 食べ物は他の動物を招き寄せるかもしれないのでおかない

半信半疑で次の日にクレートに戻ってみると
愛犬はちゃんと座って待っていて、
その飼い主さんは大変驚いたそうです。

普通、犬が行方不明になると、
我々飼い主は大声で探したり、ポスターやビラを作ったり、保健所を探したり
もしくは予防策として
マイクロチップを挿入したり、犬が脱走しないようにリードや柵を整えるのですが
事故が起こったあとは、探すしかありません。

犬だって遊んだあとは一人で不安になりおうちに帰りたいに違いない。

そんな犬のための道しるべを作ってやるという発想、
妙に納得しました。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  


コメントは承認後表示されるようになっています

posted by Angie Mom at 21:28 | Comment(4) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

アンジは習得済み、飼い主は課題あり

外国のウエスティの動画には、飼い主とステップを踏むドッグダンスがあります。
ドッグダンスとまでは言えませんが、
おやつで釣ってとアンジの後ろ周りを練習しました。

飼い主の方はあわあわしてますが、初めて一緒にやってみた時の動画です。
本人は習得済み。
ピョコピョコ、後ろ周りは可愛い〜。








にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ー アンジのピョコピョコにクリックをお願いします。


posted by Angie Mom at 19:44 | Comment(2) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

BBC 犬の不思議 ワンダーオブドッグズ(備忘録)

IMG_9847.jpg
ユーカリドッグラン

ご訪問有り難うございます。

この夏、BBCのテレビ番組、The wonder of Dogs を興味深く見ました。
BBCと言えば数年前に犬の乱繁殖による健康被害をテーマとしたPedigree Dogs Exposedという
衝撃的なドキュメンタリーが記憶に新しいですが
今回の番組は、犬の歴史と生態を楽しく解説する番組です。

オックスフォードにあるブライドウエルという1500人の町に暮らす120匹の犬を集めて
さまざまなゲームやテストをしながら
犬種別の能力の差異や、犬の特徴を楽しく解き明かしていきます。

その中で学んだことを備忘録としてまとめますが
YOUTUBEでも見られますので、ネタバレが嫌な方はどうぞ読み飛ばしてください。

p01hjb9l.jpg


三回シリーズのこの番組でわたしは初めて

ポインターが獲物をポイントする図
同じ猟犬のスプリンガースパニエルが走り飛ぶ図 
そしてヨークシャーテリアがヨークシャーの紡績工場でネズミを捕る図
を見て
イギリスの犬は100年前までは人間のために仕事をするために繁殖されていたことを
今頃になって知りました。

その使役犬も、今ではすっかりコンパニオンドッグ(家庭犬)になり
純血種を飼う飼い主も、見た目以外の犬種の知識をもたなくなっています。

わが犬ウエステイにも昔は害獣の駆除という仕事があったことは聞き及ぶのみで
その気質や本能を使う事がない現代のウエステイがちょっと不憫にも思えました。


以下は自分が学んだ内容のサマリ:

エピソード1

同じ種で体の大きさが10倍以上も違う動物はほ乳類では他におらず
犬が多様性に富んでいる証左である。

ところがその多様性に富む犬はどれも骨の数は301個から成り立っていて(除くしっぽの骨)
チワワもグレートデーンも骨格は同じ。

姿形の違いは人間の場合はさまざまな遺伝子の組み合わせにによって起こるが
犬は差異を定義する遺伝子の数は少なく、
足の長さや体の大きさも、それぞれひとつの遺伝子にのみ制御されている。

15000年ほど前に狼が家畜化されたと言われているが
そのさまざまな形から、犬種別の能力など得手不得手はあり
泳ぎの得意な犬種 (ラブラドール、プードル)に比べて
四角い犬(ブルドッグ)や胴長の犬(ダックスなど)は一般に泳ぎが苦手。

小型犬が濡れた時にするブルブルは大型犬のそれよりもスピードが早く
その理由は小型犬が体熱を損なわないようなしくみ。

もともと労働者階級が地元のパブで犬を見せ合っていたドッグショーは
そのうちに中産階級のイベントとなり
John Henry Woshが、初めてポインターの標準型を
メージャーという犬に基づいて定めたのがスタンダードの始まり。

ビクトリア朝以降、それまで犬は犬種でなく仕事によって分類されていたが
ドッグショーが盛んになると犬を飼う事自体が流行し
コンパニオン(家庭犬)としての要素が強くなった。

エピソード2

犬の嗅覚力は犬種によって差異があり、マズルが長い犬ほど嗅覚が優れている。
人間の狩猟に役立つよう
獲物の前でフリーズしてポインテイングするポインターや
鳥を草むらから追い出すスプリンガースパニエル
もともと漁村で働いていたウオータードッグのラブラドールは水かきがあるし
ソフトマウス(獲物を傷つけずに持ち帰るため)の特徴が7代に渡る作出で実現。

これに対してテリアは、ハードマウスで
その小振りなので、獲物と対峙するより
発達した顎で獲物をしっかり喰わえて振り回し、殺す気質を備えている。
ヨークシャーテリアは、産業革命以降のヨークシャーにある紡績工場で
ウールの油を食すネズミを狭い機械の裏手に入って捕るテリアとして繁殖される。

それ以外にも聴覚に優れた犬(コリー)や
羊追いに優れた犬(ボーダーコリー)など特別な資質を繁殖によって強調され犬種が確立。

それぞれ能力に違いはあれどすべての犬種に共通してみられるのは
人間を喜ばせたいという欲求であり
人間を慰める能力はセラピードッグなどに活用されている。

IMG_9894.jpg

感想
これまでウエステイの気質や能力について考えた事がありませんでした。
現代ではもはや仕事をしなくなった家庭犬の眠った能力を呼び覚ますためにも
仕事に代わる楽しい刺激や興奮、喜びを与えてやりたいと思います。

以上
(エピソード3は割愛)



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ よろしければ足跡クリックをどうぞ
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)


posted by Angie Mom at 20:54 | Comment(2) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg