2018年06月11日

無麻酔歯石除去を体験

何を隠そう我が家では毎日ワンの歯磨きをしていません。
せいぜい数日にいっぺんとなっていますが、ワンの場合は2、3日ですぐ歯石になってしまうとか。

そもそも野生動物は生食を食べていれば虫歯になどならないはずですが
加工食品であるカリカリを食べていると歯石がつくのだそうです。

アンシュナの歯石は飼い主が時々スケーラーで取っていますが素人では取りきれなかったり
獣医さんに診てもらっても、炎症を起こしている訳でもないので特に歯石除去を勧められません。

アンジも10歳でこれまでのように麻酔をかけての歯石除去はしたくなく
たとえ麻酔をして歯石を取ってもまた溜まるので
一度無麻酔で取ってもらえないかと思っていました。

となりの区に無麻酔歯石除去をしていただける獣医さんの病院がありましたので体験してみることに。

さて先生との問診が終わり、お預けすることとなりましたら、次の同意書に署名を求められました。

416E9D07-763B-440A-8447-0223C8E035AC.jpeg

気になったのは、「歯石除去は歯周ポケットをケアしなければ、あくまでも美容です」というくだり。

言っている意味は分かりますが、歯石を取ることは美容だけでなく口腔衛生にも良いと思うんですがと物申してみる、、。

処置は20分ほどで午後に迎えに行きました。

EC155569-DB52-4A6B-A8E0-F80A62ED26B7.jpeg
このボードは体重計。

帰りの車中もそれほどストレスであったように見えないアンジ。

5D53734E-AEF4-48C4-95E3-0D19AD33FD3F.jpeg


先生によると、アンジが大人しく歯石はとても綺麗に取れたとのこと。日頃からハンドリングされることに慣れているとこのような時に助かります。
若干の出血もあったので抗生剤の処方もありました。こういう処置はやはり獣医の先生の方が良いかと思います。
アンジは以前、歯茎の炎症があったので、念のため服用しました。
アンジぐらいの軽度の歯石除去であれば、
歯はピカピカ、口臭もなくなったので、本来の目標だった口腔衛生は向上したと思います。

6C8074A3-0EDC-4D70-A36D-236C0147BB92.jpeg

今後はここから維持するために欲しいと思っている歯ブラシがあるのですが
まだゲットできていません。それまで、指サックやコットンパッドで頑張ります。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。
posted by Angie Mom at 12:07| Comment(0) | ウエルネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers