2018年02月06日

ウエスティを飼えなくなる時

E59FEC6F-1196-4E5B-884A-FCF41ECE9350.jpeg

先日ご紹介したウエスティ のリホーミング活動をしている英団体が、彼らに託されるウエスティ がどんな理由でやってくるのかを統計にしていました。
その理由は14種類にも及び、一番は引越しなどに伴い引越し先の家で飼えない(15%)、子供や赤ちゃんを受け入れられない(15%)というものでした。
その次に多いのが、飼い主の病気により飼えなくなったという理由。(12%)
飼い主の家庭の崩壊(10%)という理由には、離婚やカップルの離別だけでなくパートナーが犬へ嫉妬する場合もあるそうです。金銭的な理由(10%)とはワクチンなどの必要な維持費や長引く病気の治療費が負担になる場合。
そのほか犬のケンカ(8%)はメス同士が多く、飼い主の歳(6%)というのは、飼い主が自分の歳を考えずに若犬を選び世話ができなくなるもの。
その他
爆ボエ、しつけの欠落、破壊、散歩中他の犬とのケンカなどの行動学的な理由 7%
飼い主が時間が取れない 6%
他国への移住 4%
飼い主のアレルギー発症 3%
繁殖犬 2%
警察による保護 1%
虐待 1%

この統計によるとウエスティ を捨てる理由は、飼い主側の理由が8割で犬側の理由は2割にも及びません。
飼育側の環境変化は予想が出来ないこともあります。実際アンジの孫も幸せなご家庭に行ったものの飼い主の予想外の病気でリホームした事もありました。

せめて我々に出来る事は自分の都合だけでなく、犬のためになるかどうかの視点からも慎重に考える事です。そしてどうしても責任が担えない場合を想定して、あらかじめ託せるひとを見つけておくこともおススメします。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!
posted by Angie Mom at 20:48| Comment(2) | レスキュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers