2021年01月31日

ウエステイグルーマーの快挙

ウエステイの飼い主さんの悩みに、ウエステイカット出来るトリマーさんが見つからない
というのをよくききます。
そもそも犬にはトリミングが必要ない犬種と、必要な犬種がいて
ウエステイは後者。

硬い外毛を維持するためにするプラッキング(死毛を抜く)や、ハサミ、バリカンなど
トリミングの手法も様々ですが、大事なのは、短毛種犬と違い
ウエステイには理想型が定まっていると言うことです。
(そしてその形になっている理由もあります)

従ってトリマーさんは、トリミング犬種のカットには
その犬種で定まっているスタンダードを当てはめていくものなのです。

FA50CA1C-CE51-4DFC-809C-EAF6933F229D.jpeg


今月から英BBCで始まったテレビ番組の  Pooch PERFECT
全国から集まったトリマーが、2時間半の制限時間で2本、1匹はスタンダードに沿ってのトリミングと
2匹めにクリエイティブなファッショントリミングを行い、技術や創造性でナンバー1を決めるという番組です。

先週、グルーマーとして数々のコンペ受賞歴があり、ウエステイのブリーダーもしているミッチさんが登場しました。
彼女の犬は日本にも何頭も入っていますし、イギリスのウエステイ界での実力派です。
ショーイングもしているのでペットカットだけでなくショーグルーミングも出来るベテランです。

その彼女が与えられた課題は、一度も扱ったことのないポメラニアン。
ウエステイなら、とプライドを覗かせましたが、ポメを見ながら不安そうな面持ちでした。

B262C2F1-CA06-4EA7-A4AC-D7F16F3A8491.jpeg
ポメをトリミングするミッチ

初めてトリミングする犬種で、のっけにスタンダートの特徴として
外毛と内毛のバランス感、胸とお尻の曲線でボールのように、
そして胸から前脚、おなか、後脚のラインがWの文字になるように、
耳は埋め込むとだけ説明されます。


CDA864FF-327F-44F2-82EC-01B31A9ECD9F.jpeg
2匹目のファッショントリミングはプードル オードリーヘップバーンのイメージで

ミッチさんは、途中でメガネを外し真剣モードで2匹を仕上げていきます。

さてゲーム終了、ジャッジの評価でミッチは見事一位を獲得。
ジャッジも大絶賛で、「ウエステイの耳の感じがちょっと見えるけど、、、素晴らしい」

ショートリミングで鍛えた技術とスタンダードを再現する基礎力
それに2匹目のプードルで表したクリエイティブな感性が相まって
クオーターファイナルへ進出しました。
ベテランのご本人も慣れぬ犬種で緊張したらしく受賞に嬉し涙。

ウエステイがトリミング出来るトリマーは、実力派なんですね。
準決勝が楽しみです。


下記のリンクで番組みられます。



その後、彼女のSNSに、花飾りを耳につけた白犬の写真がアップされていました。
オールドスクールの正統グルーマーさんも、「新しい世界を学んだ」との言でした。

5CA4EBEF-6FF7-45F2-966C-76DF0B0E7E77.jpeg
わたしもシャンプートリミングしなくちゃ。




<div><script src="https://blogparts.blogmura.com/js/parts_view.js" async=""></script></div>




【関連する記事】
posted by Angie Mom at 08:04 | Comment(0) | トリミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers
PVアクセスランキング にほんブログ村