2017年07月09日

ヘイリー

いつもウエスティとの会話で近況を知らせてくれたスーさんが先週アップした愛犬の最期を綴った記事。
わたしは普段、犬が人間の言葉でおしゃべりするのは犬を擬人化しているようであまり好きではありません。
しかしこの記事は、飼い主が旅立つ愛犬をどう受け入れていくのか示唆しています。

ママ:      ヘイリー、おいで。ママお話があるの。 今朝お医者さんとお話ししたんだけれど、、、

ヘイリー: ママ、待って。わたしもお話があるの。数週間ずっと話したいと思ってたんだけど、、、わたしはもう長くないの。旅立たなくてはいけないの。この世のことをいろいろ見届けられないのはとても残念。だってこの15年のわたしの務めだったし、ベストを尽くしてきたから。(先住犬の)アビーが重病になってアレックスを新たに家族に迎えてくれた時、ママはわたしを本当に愛してくれてると思ったよ。アレックスは本当にわたしを助けてくれたの。これからはわたしの代わりにアレックスの面倒をみてあげてね。アレックスはまだ小さくてとても愛らしい男の子だから会えないのは寂しいわ。パパも面倒みてあげてね。パパはつらくても表に出さない人だから。

あのね、わたしが寝てるとアビーがね話しかけてくれるの。怖くないからね、待ってるからって。向うでスコッチテリアや知らなかったわたしの兄弟達がいるところに連れてってくれるって。

そして、ママ、、、。わたしがいなくなったらどんなにかママが悲しむのをみるのはつらい、、、。 わたしのために本当にすべてをやってくれたけど、わたしはもう疲れて弱ってる。 ママ、愛してる。そしてママかから離れない。 ママの心の中にずっといるから。お休み。ママ。。。

IMG_4135.JPG

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンのクリック、有り難うございます。コメント非公開をご希望の方はその旨お書き添えくださいね。
posted by Angie Mom at 21:49| Comment(0) | 外国のワン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers